はじめに


スポンサード リンク


おなかのあたりに、余分なぜい肉がついていませんか?
体重うんぬんだけが、問題ではありませんよ。
健康を維持するためには、余分な脂肪を取り除く必要があります。
ご安心ください。

あなただけではありません。

標準体重を超えておられるかたは、注意が必要です。

肥満の人は、心臓障害、糖尿病、脳卒中、および種々のがんにかかりやすいのです。
また、肥満は身体イメージに影響するだけでなく、自己評価にも関わってきます。
非常に大きな問題です。

誰でも、健康的な生活を送る権利があります。

健康を害する肥満とは、もうさよならしましょう。

しかし、私と同じように食べるのが大好きで、体重を減らすために、もやしばかり食べておなかがペコペコなんて生活はイヤ!とおっしゃるなら、…困りましたね。

そんなあなたに、朗報です!
なんと、空腹感なしで減量できます!

減量というと、いつもおなかをすかせた状態を連想してしまうものす。
空腹のためにフラストレーションを感じるのはイヤだからと、減量に踏み切れない人もいます。

それはそうですね。

おなかいっぱい食べられないのなら、減量しないほうがマシだと思う人が多いでしょうね。
私だってそうです。
私は、本当に食べるのが大好き。
やせるためにおなかを減らすなんてとんでもないと思います。
おなかいっぱい食べられないとしたら、どんなに味気ない人生でしょう。

「おなかがすけば食べる」というのは、人間の本能です。
空腹感は、そろそろ食べる時間ですよという、からだからのメッセージなのです。
今食べないと生命に危険がありますよ、という警告でもあります。
空腹感を感じたら、目の前にあるものすべてを食い尽くす。
それが、自己保存の本能です。

食べ物がふんだんにある現代世界でも、この本能は働きます。
まさに、荒野で食物を探し回る生活さながらの本能です。
餓死しないために備わった本能ですから、逆らうのは得策ではありません。

そこでです。
驚かないでくださいよ。

なんと、本能に逆らわず、空腹感なしで減量する方法があるのです
空腹を感じるどころか、三食きちんとおなかいっぱい食べることで、健康的な事プランを守り、減量することができるのです。

また、空腹感を感じなければ、過食も防げます。
しかも、惨めなイライラした気持ちで減量しなくてもいいのです。
スポンサード リンク


減量やダイエット業界は、今や一大ビジネスです。

びっくりするような効果をうたった減量製品の広告を、たえず目にしますよね。
独自の食事療法、脂肪を燃焼するという小さな錠剤、あるいは食事からある食物を除去して新陳代謝を適正な状態にするなど、いろいろなタイプのものがあります。

こういったダイエットプランのマイナス面は、費用の高さだと言われています。
また、減量薬には、危険な化学物質が含まれている場合があります。
多量のカフェインが含まれているため、イライラしてしまうことがあります。
いい面は、目標達成に向けてのメンタル面でのサポートや受けられる点、質問に対する回答がもらえること、そして簡単にできるということです。

このようなプログラムをやってみようとお考えですか?
それはよいことですね。
しかし、プログラムどおりにするのはあなただということをご承知ですか?
結局実行するのはあなたなのですから、自分自身で減量プログラムを管理してみてはいかがでしょう?
本書の減量プログラムどおりの食事を自分で用意し、脂肪燃焼薬と同じ効果が得られる行動をすればいいのです。

そうすれば、空腹感なしで減量できます!

本書の中で、減量に成功する秘訣をすべてお教えします。
よくある減量法を分析し、その中でも効果のある方法をお教えしたいと思います。

必ずしも楽な方法ではありませんが、強い意思を持って続けていかれれば、必ず空腹感なしで減量を達成できます。
スポンサード リンク

| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。