正しい心構えを身につけましょう


スポンサード リンク

お信じにならないかもしれませんが、減量には心理的要素が大きく働くものです。
スポーツでは、「チアリーダーの応援」のあるなしで、結果は大違いです。

ここで、個人的なスポーツイベントと比較して、減量をとらえて見ましょう。

試合をする場合はまず、そのゲームのルールや基本原則を覚える必要がありますね?
減量もそれと同じです。
減量効果のあるダイエットについて、有効な情報が必要です。

必要なツールがすべてそろえば、何をやってもうまくいくでしょう。
このツールのひとつが、適切な心構えです。
適切な心構えをすれば、モチベーションも高まり、目標に対して全力を傾けることができます。
また、様々な誘惑に負けないだけの力も身につきます。

「ニューエイジ」の考え方すぎますか?
しかし、ここでもう一度お考えください。
減量中に適切な心理状態にあれば、減量は愉快なものになりますよ。
そうすれば減量に成功し、これから先ずっと、健康的なライフスタイルを送れるようになります。

行動や考え方は、心がけ次第です。
人は成長するにつれ、自分の癖や人づきあいを発展させていくものです。

そして、それが人生を左右します。

癖はたいてい潜在意識下にあり、自分にそんな癖があるとは気づかないものです。

しかし、無意識のうちに、潜在意識がこれまでの努力を台無しにすることがあります。
減量の場合も、これが大きな障害となります。

よい心構えをしようということはつまり、様々なテクニックや戦略を用いて、自分の考えや行動を監視し、コントロールしようということです。

そもそもの考え方の土台となる昔からの習慣やつき合いを正して、新しいポジティブな習慣を身につけるのです。

こうして、心構えから変えることによって減量に成功し、ハッピーライフを送ることができるのです。

しかし、正しい心構えというのは、一朝一夕でできるものではありません。
多少努力が必要ですが、最後には努力してよかったと思える日が必ず来ます。
ただし、進捗状況や現在の行動パターンは定期的にチェックしましょう。
楽なときもあれば、つらいときもあるでしょう。
しかし、ここで朗報です。
正しい心構えが身につく、簡単な方法がいくつかあります。

1.目標体重を書いてみましょう。
減量に向けて努力する一方で、ほかにも個人的な人生目標を決めて書いておきましょう。
減量のような大きな目標に取り組んで、モチベーションや意欲が高まっている今のうちに、ほかの人生目標にも意欲的に取り組みましょう。

2.具体的な目標を立てましょう。
人と同じ目標ではつまりません。
あなたの目標は、かけがえのないものです。
せっかくの目標です。
大切にしましょう。
スポンサード リンク

3.達成期限を決めましょう。
減量なさりたいんですよね?
クリスマスまで達成したいんですか?
それとも結婚式までに?
クラス会までですか?
期限を決めれば、目標へ向かって動き出すことができます。
目標が、さらに重要さを増すのです。

4.達成できる目標を立てましょう。
大きな目標を立てすぎないことです。
できもしないことにチャレンジするのはよしましょう。
2〜3週間で 50kg減量などという無謀な目標を立てても、実現不可能です。
健康的な方法で、十分時間をかけてやせるようにしてください。
目標数字を減らすこともできます。
来月いっぱいで、 5kg減らすことにするのです。
そして、その翌月も同じ目標を立てます。
そうすれば、すぐに目標が達成できますし、前月よりも体重が軽くなったという満足感が得られます。

5.毎日、目標を確認しましょう。
冷蔵庫にメモを貼っておきましょう。
スケジュール帳に書きましょう。
車のサンバイザーに、メモをつけておきましょう。
常に目標に気持ちを集中し、真っ先に心に思い浮かべるようにすれば、目標達成に向けて順調に進んでいくことができます。

6.なにがなんでも目標達成したいとお思いですか?
目標を達成したいと理由がありますね。
目標達成に向かって専心するなら、実現が楽になります。
年を取るにつれて、新陳代謝との戦いは避けられないものとなります。

新陳代謝とは、食物をエネルギーに変換する働きですが、年を重ねるごとに緩やかになります。
食習慣や運動を適正に変えなければ、体重は緩やかに増えていきます。
被害者意識をお持ちかもしれませんが、現実問題としては、体重維持のためには習慣を根本から変える必要があります。

一歩一歩着実に行うなら、次のような基本ステップが必要です。
「そんなことできない」と言うのはもうやめましょう。
新しい健康的な食習慣ができるのだと、自分に言い聞かせるのです。

減量に向けて性格を改善すれば、目標を達成することができます。
望みを高く持ってください。
自分がこうありたいと思う人になってください。
こう生きたいと思うように生きてください。
夢を実現する能力なくしては、夢を見ることはできません。
さあ、いまこそ始めるときです。
今すぐに!

スポンサード リンク

| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。