減量中に厳禁の食品は?


スポンサード リンク

減量中に食べてもよい食品をすべて挙げるのは不可能です。
常識で考えれば、フライドポテトはダメで、りんごはOKですよね?

そこで、ここでは食べてはいけない食品に絞って説明することにしましょう。

もちろん、これだけでもじゅうぶん長いリストになりますので、最悪の食品と、その代用食について触れるに留めたいと思います。

飲み物
カフェインは摂らないでください。
ソーダでも、カフェインが含まれているものが多いので注意が必要です。
カフェインには、アスパルテームと同じような、インスリンを刺激する減量抑制効果があります。
不運にも、コーヒーにもカフェインが含まれています。
カフェイン抜きのソーダ、紅茶、およびコーヒーだけにしましょう。

同様に、アスパルテーム、高フルクトースコーンシロップ、あるいは精製糖(※)を含む飲料はやめましょう。

※精製糖(出典:フリー百科事典Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A0%82%E7%B3%96 -.E7.A8.AE.E9.A1.9E

減量するには、水分を大量に摂取する必要があります。
水にレモンやライムを浮かべて飲んでみましょう。

気分がリフレッシュし、満足感も得られますよ!

アルコールは、減量プランには大敵です。

夕食の際にワイングラス1杯程度ならかまいませんが、フルボトル 1本はいけません。
カロリーは取ってないと言う人でも、過剰なアルコール摂取をすれば太ってしまいます。
アルコールはほどほどにしましょう。

箱詰めの加工食品
一般に、加工食品は避けるべきでしょう。
原材料が書いてないものは、買わないようにしましょう。
また、原材料名に化学物質がたくさん書いてある食品は、望ましくありません。

白米を食べると満腹になりますが、減量には厳禁のでんぷんが入っています。
白米の代わりに、玄米を食べましょう。

パスタにもでんぷんが入っているのでよくありません。
全粒粉パスタを使いましょう。
普通のパスタに負けないくらいおいしく、からだにもいいですよ。

パン、パスタや白米同様、精白パンも避けましょう。

全粒粉パンには、減量に必要な炭水化物が含まれている上、繊維質も豊富です。

小麦粉の代わりに、全粒小麦粉を使ったパンを選びましょう。

どうか信じてください。
目に見えて違いが出ます。

メキシコ料理がお好きなら、ブリート、エンチラーダ、あるいはソフトタコスは避けて、全粒粉トルティージャやコーントルティージャを選びましょう。

缶詰と瓶詰め食品
缶詰や瓶詰の食品でも、化学物質があまり入っていないものを選びましょう。
ラベル記載の原材料名が4音節以上、あるいはハイフンで結ばれているようなら、

ダイエット食には向きません。

また、チキンブロスは脂肪が多いので避けてください。
スープミックスが大量に市販されています。
その中には、低脂肪のものもたくさんあります。
必ず、低脂肪のものを選ぶようにしてください。

スポンサード リンク

また、市販のトマトソースやトマトベースのソースには、砂糖と塩が大量に入っています。
減量中は、ご自分で作られたほうが無難です。
そういったレシピも、本書の最後でご説明します。

それから、缶詰の果物や野菜は食べないでください。
缶詰にする際に、最も有益な栄養素が失われています。

精製糖が入っていることもありますので、なるべく、新鮮な果物や野菜を摂るようにしてください。

料理に油を使う場合は、エクストラバージンオリーブオイルやコーン油を使うようにしてください。


たんぱく質は、脂肪の少ない肉から摂るようにしてください。
一般に、牛肉のような赤身の肉は避けてください。
もちろん、私のようにステーキが好きで、ついつい赤身の肉を選んでしまうというかたは、肉を握りこぶし以上の大きさに切らないでください。

缶詰でなく、新鮮で脂肪の少ない魚を選びましょう。
鮭、およびタラなどがよいでしょう。
魚は煮ずに、焼いて、脂肪をすべて落とします。

鳥は、赤身肉よりも胸肉を選びましょう。
肉の色が濃いほど、脂肪が多く含まれています。
七面鳥も同じです。

マグロも、缶詰以外は食べてかまいません。
どうしてもマグロの缶詰を食べたい場合は、油漬けでなく、水煮にしてください

乳製品
全乳でなく、スキムミルクあるいは、脂肪分 2%程度の低脂肪乳にしましょう。

また、牛乳を飲み過ぎないようにしましょう。

牛乳には脂肪が含まれているため、不要な脂肪を摂ることになります。

言いにくいことですが、チーズはダイエットには厳禁です。
しかし、食料品店に行けば低脂肪チーズもあります。
チーズを使う場合は、必ず低脂肪のものを選んでください。
しかし、くれぐれも量は控えめにしてください!

卵は食べても大丈夫ですが、黄身はやめて白身だけにしましょう。
代用卵も市販されていますから、試されてもよいでしょう。

無脂肪のサワークリームは適度ならかまいませんが、プレーンヨーグルトで代用したほうが無難でしょう。

野菜と果物
新鮮な野菜なら、たいていのものはダイエットに最適です。
野菜なら、いくら食べても太らないと信じられていますね。
調理法が正しければ大丈夫です。
温野菜にするのが一番よいでしょう。
オリーブオイルを少量かけてオーブンで焼いたり、グリルでローストしてもよいでしょう。
おいしくいただけますよ!

オレンジや桃のような果物には、天然糖が多く含まれていますから、食べ過ぎないように注意しましょう

糖分は天然成分ですので、それほど害になるものではありません。

しかし、砂糖は脂肪に変わるため、摂りすぎるのはよくないと思われますよね?

減量したいとお思いなら、すぐに食器棚や冷蔵庫の中から、ダイエットに大敵の食品を片づけてしまいましょう。

ポテトチップス、加工糖、缶詰の果物などです。

それがすんだら、買い物に出かけましょう。
怖がらずに、あなたに合った買い物をしましょう。

スポンサード リンク

| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。