ダイエット中の賢い買い物


スポンサード リンク

まず初めに、買い物リストを持って出かけるようにしましょう。
これは大変重要なことです。
必ず、買い物メモを持って行くようにしてください。

お店へ行く前に、何を買うか決めておくのです。
当然のことです!
計画も立てずに、何を買えばいいのかわかるはずがありません。
まず、食事メニューを決めてから、必要な材料を選ぶ必要があります。
メニューを決める際には、1食分の量も考えましょう。

夕飯のメニューだけを考えてもだめですよ。
1日に少量ずつ、何度も食事をするようにと言いましたよね?
その食事すべてに対して計画を立てましょう。

ダイエット開始直後は、誰かに一緒に買い物に行ってもらって、買い物品をチェックしてもらうとよいでしょう。

減量と戦っているあなたを、支えてくれる人が必要なのです。

買い物を監視してもらう必要がありますから、くれぐれも、クッキーをカートから売り場に戻すように言われても、相手を責めたりしてはいけません。

助けてもらわなければいけないのですから、その相手を責めるのはもってのほかです。

あれこれ口を出しても文句を言わないと、あらかじめ約束しておきましょう。

ついでに、あなたのダイエットプランについても助言してもらいましょう。
目標達成のいい考えが浮かぶかもしれません。

次の点も大変重要です。
空腹時に買い物に行かないでください。
空腹時にスーパーに行くと、ダイエットによくないものがとてもおいしそうに見えて、ついつい衝動買いしてしまいます。
あなたにも、覚えがあるでしょう?

また、食品ラベルの見方を覚えましょう。
前述のとおり、ダイエットによくない材料は避ける必要があります。
脂肪分、糖分、塩分などの原材料を見てみましょう。
そうして、減量に優しい食品を買うように心がけてください。
食品棚に並んでいても、安心して食べられるものを選びましょう。

インスタント食品は避けてください。

手軽にできておいしいですが、過剰なカロリー、脂肪、および炭水化物が含まれています。

ついつい冷凍食品コーナーに足を向けてしまったら、かごに入れる前に必ず原材料をチェックしてください。

必ず、自分で食事の支度をしてください。

自分で、一から料理するのです。

時間がないとおっしゃるあなたでも大丈夫です。
30分以内でできる素晴らしいレシピをご紹介しましょう。

このレシピに従えば、食品に入れるものすべて(塩、砂糖など)の量を管理できますし、インスタント食品よりずっとおいしくいただけます。

また、エンプティカロリー(※)の食品は買わないでください。
ポテトチップス、クッキー、キャンディなど、すべての食品です。
そんなものは必要ありません。
栄養価は全くないのですから、避けるべきです。

また、どんなにいいものを食べても、運動しなければ減量できないことを覚えておいでください。

※エンプティカロリー(empty calories)ジャンクフードは empty caloriesと呼ばれています。empty caloriesとは直訳すると「空のカロリー」ですが、カロリーは高いのに「栄養素が空っぽ」という意味です。
つまり、カロリーばかり高くて栄養価が低い食品の事です。
ジャンクフードとほとんど同じ感じで使われています。

スポンサード リンク

| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。