その他の運動


スポンサード リンク


どんな運動でも、生活に密着して行うことができます。
どんなトレーニングでも、場所を選ばす行うことができます。

例えば、子どもと遊ぶのもいい運動になります。

四つんばいになって「お馬さん」をすれば、ものすごいトレーニング量ですし、子どもも楽しんでくれます。

裏庭で、気合を入れてボール投げをするのもよいでしょう。
トランポリンをしたり、鬼ごっこをしたり…。
このような運動は、からだのためになるだけでなく、子どものような気持ちを思い出させてくれます。
ほら、あなたの顔にも、心からの笑顔が浮かんでくるでしょう?

仕事のときも、エレベーターを使わないで、階段を使いましょう。

駐車場に車を停めるときは、ドアからなるべく離れた場所に停めて、できるだけ歩くようにしましょう。

想像力を働かせ、どこでも運動できる方法を探すのです。

ただし、ウェイトトレーニングをしたり、足踏みマシンを使って汗まみれになっている人の中で運動したいと思う人も多いですよね。
そのほうがお好きだとおっしゃるなら、ジムに出かけてください。

ウェイトトレーニングをすれば、からだが彫刻のように引き締まり、筋肉が通常より硬くなります。

ジムでは、トレーナーやオーナーがどういう運動を始めればいいかをアドバイスしてくれます。
専門家ですから、ウェイトトレーニングに関する知識は豊富です。
何から始めればよいか教えてくれますよ。
減量計画を「ステップアップ」する時期まで指導してくれます。

スポンサード リンク


エアロビクスクラスに入るのも、大変素晴らしいトレーニング方法です。
どこにでも、エアロビクスの教室はあります。
だいたい、ジムやトレーニングスタジオにはありますね。
こういった教室に入ると費用がかかりますが、ともに汗をかく仲間がいるというメリットがあります。

中でも、水中エアロビクス教室をのぞいてみることを強くお薦めします。
水中での運動は、大変効果的です。
ストレスも少なく、関節にあまり負担がかかりません。
しかも、水の自然抵抗により、「陸上」で行う教室よりも筋肉がよく働きます。

水中エアロビクスは、老若を問わずだいたいだれでもできます。
筋力トレーニングの代わりに行うとよいでしょう。
また、誰もが嫌がる汗臭さについても気にしなくてもすみます。
かなりのトレーニングが、楽しくできるのです!

ピラティス(※)が減量には効果的だと、今では世界的に大人気です。

ピラティスは、単なる運動プログラムではありません。
様々なタイプの運動原理に基づいているのです。
ヨガ、アクロバット、ストレッチなどの動きを取り入れています。
さらに、ピラティスはエクササイズツールとして、集中力を高めてくれます。

内容が複雑なため、どのようなものかは申し上げにくいのですが、それだけで、1冊本が書けてしまうほどすごいものです。

しかし、お望みなら、ピラティスを試す際に役立つツールはたくさんありますよ。
ウェブサイト、ビデオ、あるいはお住まいの地域にある教室で探してみられたらよいでしょう。

一度基本的な動きを覚えれば、あとは自分でできます。

※ピラティス(出典:フリー百科事典Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%A9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%82%BD%E3%83%83%E3%83%89

さて、減量のための運動についてご理解いただけましたね。
それでは、減量を試みる上で、最大の障害とは何か?
その原点に立ち戻ってみましょう。
そうです、食物です!

スポンサード リンク

| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。